セルライト デメリット

MENU

セルライトが引き起こすデメリットと注意点

セルライトは成人女性の8割にあると言われており、病気ではありませんが見た目が醜いばかりか体の不調を招くこともあります。

 

セルライトは代謝が悪くなることが原因でできます。
老廃物が体外に排出されずに溜まっていくことで脂肪細胞が老廃物を巻き込みながら肥大していくのです。
そして、セルライトがあることによってさらに代謝が悪くなり、悪循環に陥ります。
例えば、冷えやむくみなどで代謝が悪くなり、セルライトができ始めると、セルライトがそこにあることで血流やリンパの流れが滞り、さらに老廃物が溜まっていきます。

 

セルライトができることで冷えやむくみがさらに悪化、そして代謝の悪さから太りやすくもなります。
これがセルライトのデメリットと言えるでしょう。

 

セルライトが付きやすいと言われているのが、太もも、お尻、二の腕、膝周りなどです。
部分的にセルライトのついている部分は太くなりますし、体全体の代謝も落ちるので全体的に太りやすくなります。

 

運動不足だったり、不規則な生活を続けていたり、寝不足もセルライトの原因の一つと考えられています。
セルライトができている場合は、できてしまったセルライトを何とかすることも大切ですが、セルライトを作らない生活を送るように心がけることが必要です。

 

仮にセルライトを除去できたとしても、生活を変えない限りすぐにセルライトができてしまいます。
根本的な解決ができるように日々の生活を見直しましょう。
適度な運動や、リンパマッサージ、食生活や生活習慣の改善など、注意する点はいろいろあります。