セルライト 原因

MENU

セルライトができる原因

頑固なセルライトができる原因はいくつか考えられます。
女性に多く見られる体の冷えはセルライトが出来やすい環境を作ってしまいます。
体の冷えは血流やリンパの流れを滞らせ、余分な老廃物を排出しにくくして体内に蓄積しやすくします。
老廃物が溜まっている部分には脂肪も付きやすいため、特にケアしなければどんどん老廃物と脂肪が蓄積していきます。
やがて老廃物と脂肪が組み合わさり、頑固なセルライト化すると考えられます。
手足や下半身が冷えやすい方は体を温めるように体質改善を目指しましょう。

 

普段の生活習慣の乱れもセルライトができる原因にもなります。
日中の仕事がデスクワークの方の場合、ほぼ同じ姿勢で過ごして運動不足気味になり、筋力が落ちて脂肪が付きやすくなります。
外食ばかりで栄養バランスが崩れがちの方や、喫煙習慣がある方は極端に血流が悪化して老廃物を蓄積しやすくなります。
睡眠不足や過剰なストレスも自律神経のバランスを崩して血流を悪化させる原因にもなります。
毎日何気なく過ごしている日常が、いつの間にかセルライトを作る要因にもなるため見直しが必要です。

 

年齢を重ねて代謝機能が急激に低下したため、老廃物が蓄積しやすくなりセルライトが出来る場合もあります。
人間の老化現象である意味仕方がないかもしれませんが、努力次第では代謝機能アップも十分可能だと考えられます。
代謝機能を向上させるには基礎代謝をアップさせるように意識して、食生活の改善や適度な筋肉をつけて有酸素運動をするように心がけて下さい。